asklife

IT&Life

Month: 8月 2014

WordPressのカスタマイズ

WordPressプラグインを作成する

WordPressはPHPで作られているので、プラグインを作成し、自分なりの機能を追加する事ができます。
WordPressプラグインは「フック」を使って動作させます。
フックのタイミングで、作成したメソッドを呼んであげて、動かしていきます。
実装の際にはWPの提供する関数やAPIを使いましょう。

pluguin/hello-world/hello-world.phpというプラグインファイルを作成します。
プラグイン情報もコメントで記載する必要があります。

<?php 
/*
Plugin Name: Hello World
Plugin URI: http://www.example.com/plugin
Description: Hello Worldを表示するプラグイン
Author: my name
Version: 0.1
Author URI: http://www.example.com
*/
function hello_world() {
    echo 'Hello world!!';
}

テンプレートファイルに呼び出しを実装します。

<?php hello_world(); ?>

基本はこれでOKです。

参考
http://wpdocs.sourceforge.jp/%……C%E6%88%90

以下は考え方をまとめた資料です。
わかりやすいので一読をおすすめします。

WordPressのマルチサイト化する方法

会員登録し、複数のユーザでサイトを運用したい時に使える機能です。

1.wp-config.phpの設定ファイルを編集

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

2.ネットワーク作成画面→サブディレクト→ネットワークタイトル、サイトネットワーク管理者のメールアドレスを入力しインストール

3.2で設定したネットワーク設定情報をwp-config.phpと.htaccessに追記する

4.サイトを追加する

参考
http://www.brain-solution.net/……multi1000/

WordPressを会員制サイトにする

「Theme My Login」というプラグインを使う。
退会機能は「Never Let Me Go」というプラグインがいいそうです。

参考
http://design-plus1.com/tcd-w/……lugin.html
http://yahss.net/tag/theme-my-login/

WordPressからのメール送信をGmailにする

Gmailのpopを有効に設定します。
ssl://pop.gmail.com 995
にしてメールアドレスとパスワードを登録します。

MacbookAirのHDDデータ容量が厳しくなってきた時にすること

MacbookAirが120GBモデルが残り10GBとなってきたので掃除しました。

iPhoto Libraryを疑え

Macは便利ですが、写真が自動でiPhotoに入っている人も多いはず。
「ピクチャ」フォルダ内にある「iPhoto Library」を見てみると15GBにもなっている。
こいつの写真を外付けHDDに移そう。元データはどこにある?

「ピクチャ」→「iPhoto Library」→「右クリック」→「パッケージの内容を表示」→「Masters」
このMastersに入っています。

バックアップが済んだらiPhoto Libraryを使って削除していきましょう。
iPhotoを使って削除しないとデータが壊れるかもしれないので気をつけてください。

その他とかいう謎データ

その他データが59GBありました。。。
いや〜4年目とはいえやりすぎでしょ〜。
「Apple メニュー」→「この Mac について」→「詳しい情報」→「ストレージ」

対応方法は公式に詳しく書いてあります。
http://support.apple.com/kb/HT……cale=ja_JP
http://support.apple.com/kb/PH……cale=ja_JP

ただ、「その他」を消す方法書いてない。。。
まずは謎のその他データがどこにあるのか調べます。
ターミナルを開いて以下のコマンドを打って下さい。
パスワードが求められるのでそれを入力。5分くらいかかるので気長にまってください。

sudo du -d 1 -g /
1	/.DocumentRevisions-V100
1	/.fseventsd
1	/.Spotlight-V100
0	/.Trashes
0	/.vol
8	/Applications
1	/bin
0	/cores
1	/dev
4	/Developer
1	/home
5	/Library
1	/net
0	/Network
1	/opt
7	/private
1	/sbin
4	/System
69	/Users
2	/usr

/Usersが怪しい、更に潜る。

sudo du -d 1 -g /Users

※以下の方法でも同じことが出来ます。
1.デスクトップの適当なところをクリック。
2.メニューの[移動]-[ホーム]を選択。
3.メニューの[表示]-[リスト]を選択。
4.メニューの[表示]-[表示オプションを表示]を選ぶ。
5.[サイズ]と[すべてのサイズを計算]にチェックを入れて暫く待つ。
6.カラムの[サイズ]をクリックし、サイズの大きい順に並び替える。
7.現在のフォルダで、削除してもいいファイルを見つけて消す。
8.サイズの大きいフォルダを順に開き、2番〜7番を繰り返す。

これで見つかる人もいるかと思いますが、私はダメでした。

その他が60GB、持っているiPhoneも60GBタイプ
ということはiPhoneのバックアップデータが怪しいと思い
「iTunes」→「環境設定」→「デバイス」→「バックアップを削除」

一気に40GB分消えた!
その他は20GBに、OSXはOS自体が20GBという話なのでこれで無駄なデータは掃除出来たかと。

何かの参考になれば。

Cookpadの継続的デリバリー

RailsのDBをMySQLにする手順

$ rails new [アプリ名] -d mysql

root/config/database.yml

development:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: [アプリ名]_development
  pool: 5
  username: root
  password:
  host: localhost

test:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: [アプリ名]_test
  pool: 5
  username: root
  password:
  host: localhost

production:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: [アプリ名]_production
  pool: 5
  username: root
  password:
  host: localhost

Railsでsqlite3をコマンドライン操作する

SqLite3に入る
$ rails db
SQLite version 3.6.20
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite&gt;

テーブル情報取得
sqlite> .tables

ヘルプ情報表示
sqlite> .help

Sqlite3終了
sqlite> .exit

© 2017 asklife

Theme by Anders NorenUp ↑