asklife

IT&Life

Month: 2月 2014 (page 2 of 2)

WordPressで各記事のPV数を表示する手順

PV数はどこに保存されている?

WordPressではPV数はpostmetaテーブルのmeta_keyを使って記事ごとに情報を付加出来ます。
今回はga_pv_countをmeta_keyとして登録し、PV数を保たせます。

SELECT * 
FROM  `wp_postmeta` 
WHERE  `meta_key` = 'ga_pv_count'
ORDER BY  `wp_postmeta`.`post_id` ASC
LIMIT 0 , 30

SQL実行結果は以下です。
pvc_views

このmeta_valueがPV数です。
今回、2011年から集計したGoogle Analyticsをベースにしてデータ登録しました。
GoogleAnalyticsからデータをエクスポートし、エクセル等でINSERT文を作成しました。

というわけで、PV数の在処がわかりました。

各記事にPV数表示させる

get_post_meta関数を使います。

<?php $meta_values = get_post_meta($post_id, $key, $single); ?>


◇パラメータ
$post_id
(integer) (必須) データを取得したい投稿のID。
初期値: なし
$key
(string) (必須) 取得したい値のキー名の文字列。
初期値: なし
$single
(boolean) (オプション) trueにセットした場合、文字列として単一の結果を返します。
初期値: false

◇戻り値
$idだけが設定されている場合
 →関係する配列の全てのメタ値を返します。
$singleがfalseに設定されているか、何も設定しなかった場合
 →関数は指定したキーを持つ全ての値からなる配列を返します。
$singleがtrueに設定された場合
 →関数は指定されたキーを持つ最初の値を返します(配列ではありません)。
もしも関数が返す値がなかった場合
 →空の配列を返します。
$singleがtrueに設定されていた場合
 →空の文字列を返します。

参考: http://wpdocs.sourceforge.jp/……_post_meta

実装サンプル

表示(postmetaにga_pv_countで登録している値を取得)

$ga_pv_count = get_post_meta( get_the_ID(), 'ga_pv_count', true );
if( ! empty( $ga_pv_count ) ) { echo ' 閲覧者数:' ,$ga_pv_count ,'人';} 

カウントアップ(新規は1でINSERT,既存は既存+1でUPDATE)

if ( !add_post_meta(get_the_ID(),'ga_pv_count',$ga_pv_count,true) ) update_post_meta(get_the_ID(),'ga_pv_count',$ga_pv_count+1);
if ( add_post_meta(get_the_ID(),'ga_pv_count',$ga_pv_count,true) ) add_post_meta(get_the_ID(),'ga_pv_count','1',true);

デモ

上↑の読者数:XX人となっているグレーの箇所を御覧ください。

Stinger3のファビコンを変更する手順

ファビコンを作成する

まずは、こちらでファビコン(ico)を作って下さい。
画像→アイコン(ico)変換ツール

そのファイルをご自身のサーバにアップロードして下さい。

ファビコンを変更する

要するにrogo.icoを新しく作ったファビコンに置き換えるだけです。

header.phpを編集します。

初期状態だと以下のようになっています。

<link rel="shortcut icon" href="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/rogo.ico" />

ファイルを置き換えましょう。

<link rel="shortcut icon" href="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/asklife_favicon.ico" />

以上です。

まとめ

非常に簡単でした。
WordPressも結局はPHPメソッドを分割して呼んであげているだけですね。

やりたいことと、生活の安定感

いきなりまとめ

サラリーマンか独立か、という話です。
いまいまの結論としては、やりたいことが出来ているなら、独立する必要性は感じていないということです。

やりたいこと

ITで世の中を良くしていきたい。
生活を支える便利な道具や仕組みに関わっていたいという思いが強くあります。

なかでも、CtoCの「場」を提供することがしたいなぁと思っています。
その「場」で「楽しさ」が生まれてくれると理想的ですね。

生活の安定感

いわゆるベンチャーやスタートアップに多少なり関わってきたので
その大変さや精神的なプレッシャーがなんとかなくわかります。
と、同時にワクワク感や躍動感、「今」を生きている感があるのが
「自分で考えて、自分で作る」良さでもあるなぁと思います。

そんなわけで

今は、企業人として生きつつ、お金をもらいながら修行しつつ
週末には「自分の想い描くサービスを創る」という生き方をしております。

先のことは、先になったら考えれば良い。
大切なことは「今」を輝かせて生きることだ。

ELECOMのマウス(M−XG3DLBK)とキーボード(TK-FBP014)で快適なMacデュアルディスプレイ環境実現

20140208-004432.jpg



快適なディアルディスプレイ環境に

ついに買いました。ELECOMのマウスとキーボード。

今までモニターはあるけどマウスとキーボードが無くて、
デュアルディスプレイにするにもメイン画面はMacBook Airという状態でした。

やっぱりメイン画面は大きい方が良いよね!ということで買っちゃいました。

キーボード

20140208-004727.jpg

ELECOMのTK-FBP014です。
こいつはBluetoothでMacにもiPhoneにもiPadにもWindowsにも繋げることが可能とあり購入しました。

押し心地はスコスコ感があるためかなり好きです。

マウス

20140208-005644.jpg

ELECOMのM-XG3DLBKです。
これは店頭で触ってフィット感が最高だったため即購入しました。

今までMacのトラックパッドが優秀過ぎたのでマウスの必要性を感じていませんでした。

戻るとかピンチアウトとかそういったことが
マウスになってできなくなるのは嫌だなと思っていましたが、
こいつなら大丈夫!ボタンが大量についているのでいろいろな機能を持たせることが可能です。

Mac用の設定アプリはこちら↓
http://www.elecom.co.jp/suppor……index.html

感想

買ってよかった。
仕事では大きいモニタに慣れているので自宅でも快適な空間を作りたいと思っていました。
ついに実現。これで週末開発も楽しくなります♬

Newer posts

© 2017 asklife

Theme by Anders NorenUp ↑