asklife

IT&Life

Month: 7月 2013 (page 2 of 2)

Ruby On Rails URLを元にSlideShareAPIを使ってスライド資料を表示させる

Ruby On Rails URLを元にSlideShareAPIを使ってスライド資料を表示させるソースを書いてみました。

Ruby On Railsで基本的なブログ機能を実装する手順をベースに書いています。

SlideShareAPIは公式ドキュメントを参考にして下さい。

■処理概要
URLからスライドIDを抽出し、View層で表示させる。
#今回はController層でメソッドを書きましたが、共通UtilやModel層で書く機能だと思います。

SlideShare APIの特徴として、secret_key + timestampをSHA1でハッシュ化する必要があります。
そこに気がつくまでなかなか時間がかかりました。

/app/controllers/notes_controller.rb


  def callSlideshare(memo)
    require 'rexml/document'
    require 'digest/sha1'
    require "net/https"
    require "uri"
    
    #SlideShare API呼び出し
    url_base = "https://www.slideshare.net/api/2/get_slideshow?slideshow_url="
    url_option  = "&exclude_tags=1&detailed=1&get_transcript=1"    
    api_key = "****"
    secret_key = "****"
    timestamp  = Time.now.to_i
    #SlideShre APIはsecret_key + timestampをSHA1でハッシュ化する必要がある
    hash = Digest::SHA1.hexdigest(secret_key+timestamp.to_s)
    #登録されたURLを正規表現に変更
    url_escape = CGI.escape(memo)
    #APIを叩くためのURL生成
    url = url_base + url_escape + "&api_key=" +  api_key + "&hash=" + hash + "&ts=" + timestamp.to_s + url_option
    uri = URI.parse(url)

    #APIリクエスト
    http = Net::HTTP.new(uri.host, uri.port)
    http.use_ssl = true
    http.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE
    request = Net::HTTP::Get.new(uri.request_uri)
    response = http.request(request)
    status = response.code
    
    case status
    when "200"
        #XML形式で取得
        doc = REXML::Document.new(response.body)   
        #必要項目を取得
        @slideId = doc.elements['Slideshow/ID'].text
      else
        @slideId = "NG"        
    end
    
    return @slideId
  end

/app/views/notes/show.html.erb


  <dd>
  	<iframe src="http://www.slideshare.net/slideshow/embed_code/<%= @slideId %>?rel=0" width="427" height="356" 
  	          frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" style="border:1px solid #CCC;
  	          border-width:1px 1px 0;margin-bottom:5px" allowfullscreen webkitallowfullscreen mozallowfullscreen>
  	</iframe>
  </dd>

「人や自分に向かわずに、コトに向かう」南場智子

「人や自分に向かわずに、コトに向かう」

仕事にだけ、向き合う。

評価や、自分の実力や成長、ポジショニングや地位、アイデアの帰属などではなく

ひたむきにチームが向かう目標に向き合う。何を成すか。

事に仕える、それが仕事なのだと。

南場さんの話は31分頃から


Video streaming by Ustream


仕事で輝く人生、それはプライベートなワークライフバランスを捨てろと言っているのではなくて、そういったバランスを取りつつも充実したキャリアを歩むためには、私は「コトに向かう姿勢」が大事じゃないかなと。人とか自分じゃなくて。そんなふうに感じているし、コトに集中できるチームに呼ばれる人材であれたらいいなと思います。
人とか、それから自分に向いすぎずに、仕事に向かう。コトに向かう。コトを成すことに精一杯取り組む。そうするといろいろなものがついてくるのかな、と感じたりします。私は今日はすごいアウェイ感で、なんていうんでしょうか、自分が時代遅れなのかなと感じていますが、でもおそらくこのメッセージはきっと、みなさんが苦しいときとか、認められてないと思うときとか、あるいは力が出ていないと思い出してくれたら、役に立つんじゃないかなと。そんなふうに感じます。ありがとうございます。

南場さんは何度か講演で話を聞いたことがあるけど、やっぱ良いおばちゃんだなと思います。俺も頑張っていこう!

「人や自分に向かわずに、コトに向かう」
http://www.ustream.tv/recorded……39/theater
http://matome.naver.jp/odai/21……1836034701

横浜珈琲店

横浜珈琲店

20130703-203334.jpg

横浜駅近くにある昭和の匂いのするレトロなお店です。

アイスコーヒーを頼みましたが、なかなか美味しい。

全席喫煙可という今時珍しいお店です。煙草を吸わない私にはあまりメリットは無いですが愛煙家の人にはいいお店なんでしょうね。

お店の雰囲気と珈琲の味は良かったです。

Newer posts

© 2018 asklife

Theme by Anders NorenUp ↑