asklife

IT&Life

Month: 1月 2012 (page 1 of 5)

人は弱く傷つくこともある、そこからいかに立ち直る術を学び、身につけていくかが重要だ。

人生、突如として思いも掛けない事態にぶち当たる。

その時、ひどく傷つき、心を痛めることがあるだろう。

そんな時、立ち直る術を学び、身につけていくことが強さだと思う。

きっと誰しもに不運は訪れる。

不運は、避けるだけじゃない、乗り越えるものでもあるのだろう。

姿勢は健康に影響する

反り腰、という姿勢でいると腰痛になるらしい。

反り腰とは、骨盤が前に傾いている状態。この姿勢だと腰の骨に負荷がかかる。

座っている時、普段から姿勢を正すと腰痛も治る

安全と安心を買うのには随分と大きな金額の差がある

安心は、ほぼ無制限に金がかかる。

安全は、意外と妥当な金額で落ち着く。

一度具体的に計算してみるべき。

保険は必要だ。これは間違いない。

けども本当は、保険はどこまで必要なのか。

記憶は繰り返しで定着する

記憶は繰り返しで定着する。

まさにその通りだなぁと。

論理的に繋がっているストーリーを自分の頭で考えて、理解したらあとは反復で身につけていく。

基本的なことだった。忘れてた。

コンテンツ産業の可能性

欧米が金融やITに活路を見出したように日本がコンテンツ(アニメや漫画)に活路を見出しているとしたら。どうもコンテンツ産業が雇用を生むイメージがない。上場するイメージもあまり無い。ドラゴンボールに乗っかってゲームや缶コーヒーが売れるなら、それは雇用を生んでいると言えるのだろうか。

例えば、電子書籍。技術進化によるデバイスの変化ではあるが、パイの移動でしかないと思う。結局、マイケルジャクソンやスラムダンクのような存在が現れない限りコンテンツ産業ってパイが大きくなることはないんじゃないか。その時に、一人のヒーローがどこまで大きな存在として雇用を生めるかは謎。

とはいえ、いつの時代にも感動を生み出す作品が生まれてきて。それは時代を超えても支持されていく。そんなことが出来るのは確かに音楽や映画、スポーツや書籍にしか出来ないのかもしれない。20年前にはITなんてなかったし、100年前には車も無かった。

なにが言いたいかよくわからなくなってきたけど、やっぱりNBAは最高だし、マイケルはかっこいい。

Older posts

© 2017 asklife

Theme by Anders NorenUp ↑