asklife

IT&Life

Month: 8月 2011 (page 2 of 8)

DBのスキーマとは

DBのスキーマとは

データベースの構造。データの管理の仕方によって、リレーショナルデータベースやカード型データベース、ネットワーク型データベースなどの種類がある。こうした基本的なデータ管理の方式は「概念スキーマ」と呼ばれることがある。さらに、リレーショナルデータベースでテーブルを設計する際の、各項目のデータ型やデータの大きさ、主キーの選択、他のテーブルとの関連付けなどの仕様や、ネットワーク型データベースのレコードの設計などもスキーマである。概念スキーマと区別して「内部スキーマ」と呼ばれることもある。

参考記事
http://www.postgresql.jp/docum……hemas.html

Zend Frameworkでファイルをアップロードし、DBに格納する方法

Zend Frameworkでファイルをアップロードし、DBに格納する方法

流れ
SQLでDBを呼び出し
controllerでデータとDBのカラムを対応。
viewでformを使います

参考記事
http://d.hatena.ne.jp/Bayside/……0080428/p1

Zend FrameworkにはFileController機能があるので、それを使ってDBに格納できればいいはず。

英語ですがZend公式リファレンス

Zend_File関数
http://framework.zend.com/manu…….file.html

Zend_Db関数
http://framework.zend.com/manu……nd.db.html

CakePHPでアップロードファイルをDBに組み込む際に便利なプラグインFileBinder

CakePHPでアップロードファイルをDBに組み込む際に便利なプラグインFileBinder

ダウンロードはこちらから
https://github.com/fusic/filebinder

FileBinderの特徴は、任意のテーブルにファイルの情報を仮想フィールドとして組み込むことができる機能です。

参考記事
http://inspire-tech.jp/2011/07……er_plugin/

PHPでデータをアップロードし、ローカルに保存したものをSQL文でDBに格納する方法

PHPでデータをアップロードし、ローカルに保存したものをSQL文でDBに格納する方法

流れとしては
viewでユーザがファイルアップロードのformを使って飛ばす。
controllerのphpでデータを受け取り、SQL文を書いてあるphpファイル(SQL Loader)を呼び出してそいつにデータを渡す。
SQL Loaderではサーバを呼び出し、規定のフォルダ階層に保存していく。と同時にDBの形をとったカラムにする。

参考記事
特にこの記事にはサンプルソースが乗っているので参考になる。
CSVファイルのアップロード& SQL*Loader での登録
http://www.doyouphp.jp/sample/……ools.shtml

その他参考記事
http://ameblo.jp/archive-redo-……71881.html
http://osm.utoronto.ca/i/doc/j……upload.htm

Model View Controller MVCのいろは

Model View Controller MVCのいろは

○MVCの構造

MVCでは、プログラムを3つの要素、Model(モデル)、View(ビュー)、Controller(コントローラ)に分割する。
Model
そのアプリケーションが扱う領域のデータと手続き(ビジネスロジック –
ショッピングの合計額や送料を計算するなど)を表現する要素である。また、データの変更をviewに通知するのもmodelの責任である(modelの変更を通知するのにObserver
パターンが用いられることもある)。
多くのアプリケーションではデータの格納に永続的な記憶の仕組み(データベースなど)が使われている。MVCの概念では、データの(UI以外の)入出力は取り扱わないので、データアクセスも本来MVCの概念の範疇を超えるものではあるが、敢えていえばmodelの中に隠蔽されると考えられる。
View
modelのデータを取り出してユーザが見るのに適した形で表示する要素である。すなわちUIへの出力を担当する。例えば、ウェブアプリケーションではHTML文書を生成して動的にデータを表示するためのコードなどにあたる。
Controller
ユーザの入力(通常イベントとして通知される)に対して応答し、それを処理する要素である。すなわちUIからの入力を担当する。modelとviewに変更を引き起こす場合もあるが、直接に描画を行ったり、modelの内部データを直接操作したりはしない。
なお、UIにおける入力と出力は本質的には不可分なものであり、したがってviewとcontrollerはいつでも分離できるとは限らない。このようなM-VCとなるような構造を拡張MVCと呼ぶことがある。

○MVCのシナリオ

MVCの実装は様々であるが、制御フローは一般的に次のようになる。
ユーザがユーザインタフェースを通してviewに入力する(ボタンを押すなど)。
controllerがviewからの入力イベントを処理する。controllerは登録されているイベントハンドラやコールバックを通して呼ばれることが多い。
controllerがユーザのアクションに応じてmodelのメソッドを呼ぶ。その結果modelのデータ(例えば、ショッピングカートの中身など)が書き換えられることもある[3][要出典]。
viewがmodelから関連するデータを取得し、出力を更新する。例えば、ショッピングカートの中身の表示を更新する。
viewがユーザの次の操作を待つ。始めに戻って、新しいサイクルに入る。

参考記事
http://ja.wikipedia.org/wiki/M……Controller

Older posts Newer posts

© 2017 asklife

Theme by Anders NorenUp ↑