asklife

IT&Life

Month: 10月 2010 (page 2 of 4)

デザインがキレイで便利すぎるzenbackをwordpressに導入する方法

zenbackとは

この記事の下の方まで見ていくと表示されますが、zenbackがデザインも綺麗で便利すぎたのでwordpressへの導入の仕方を紹介します。

	<li>その記事に関係する自分のブログ記事</li>
	<li>その記事に関係する他のzenbackユーザーのブログ記事</li>
	<li>その記事についての最新のTwitterのつぶやき</li>
	<li>その記事についてのはてなブックマーク</li>
	<li>その記事の最新のアクセス元(リファラ)</li>

利用するメリット

	<li>昔書いた古い記事を、もっと多くの人に読んでほしい</li>
	<li>せっかくブログを作ったので、読者を増やしたい</li>
	<li>他のブログの記事を紹介して、アクセスを流してあげたい</li>
	<li>自分のブログについての、Twitterやはてなブックマーク、他ブログからの反応を簡単に知りたい</li>
	<li>記事へのフィードバックは欲しいけど、荒れたくはない</li>

導入までの手順

ステップ1

zenbackのサイトに行き、登録申請をします。おそらく2~3日の内にメールが届き、利用の許可がおります。

ステップ2

メールが届くとjavascriptのコードが入手出来るので、コメントの上の部分に表示させたい場合はcomment.phpに以下を記入します。

<?php if (!is_preview()):?>
<!-- X:S ZenBackWidget -->...<!-- X:E ZenBackWidget -->
<?php endif?>

…のところはサイトによって違うのでzenbackで取得したコードを追加してください。

!is_previewで囲う必要はないですが、プレビュー画面で動くのが好きではなかったので利用しています。

ステップ3

関連記事の精度を上げるために

<?php the_content(); ?>

<!-- zenback_body_begin -->
<?php the_content(); ?>
<!-- zenback_body_end -->
<!-- zenback_date <?php echo get_post_time('Y-m-d') ?> -->

に変更します。

これで完了です。簡単でしょ?

Web系エンジニアにおすすめしたい技術ブログまとめ

Web系エンジニアオススメブログ

Web技術のトレンドを学ぶことが出来るブログをまとめました。32個程あります。

にも良い技術系ブログがありましたら、コメントを頂ください。泣いて喜びます。


あなたのブログのアクセス数を増やす効果のあった9つの方法

目次

  • RSSフィードへのリンクを貼る
  • ブクマしてもらう
  • SBMアイコンを記事に入れる
  • “Like”ボタンをブログに導入する
  • Twitterを使う
  • 記事から記事へ内部リンクを張る
  • キーワードを調査する
  • タイトルタグを最適化する
  • モバイル用のページを作成する

はじめに

ブロガーなら知っておきたいアクセス数を増加させる100の方法

この記事に掲載されているものを実際に試して効果があった9個を紹介します。

RSSフィードへのリンクを貼る

フィードへのリンクを貼ると、ブログ読者があなたのブログをRSSリーダーへ
登録してくれるかもしれません。
RSSリーダーはブログの更新を確認できるので、
新しい記事を公開するたびに定期的に記事を見てくれる可能性が上がります。

これは実際に効果が大きいです。貼る前と後だとリピーターが2割程度増えました。

ブクマしてもらう

ライフハック記事やチュートリアル記事を書いたなら、
はてブや Delicious などのソーシャルブックマーク(SBM)は
大きなトラフィックを流してくれる可能性が高いです。
短時間で多くのブックマークを得ることが出来たら、
はてブのトップページに載るかもしれません。

これははてぶでホッテントリすると効果が出てきます。といって今のところホッテントリしていないのですが。。。

SBMアイコンを記事に入れる

ブログ記事の最後に SBM に追加するためのリンクを張ります。
そうすることで、機会損失をなくし、ブクマ数を増やすことができます。
SBM追加スクリプトをまとめるウェブサービスは、Social Bookmark Script (英語) があります。
日本向けでは、AddClips が有名です。

これもRSSフィードへのリンクと似たようなものですが貼った後と前でリピーター数に変化がありました。WordPressならばプラグインがあるので貼るべきです。

Likeボタンをブログに導入する

Facebook の Like(いいね)ボタンを押してもらうと、
押した人のページにブログ記事へのリンクが作られます。Like Button で簡単にLikeボタンが作れます。

Facebookは今日本のユーザが爆発的に増えてきているのではてなやtwitterの代替物になっていくでしょう。今から導入しておくべきです。

Twitterをつかう

Facebook の他に、もう一つ無視できないソーシャルネットワークとしてTwitter があります。
ウェブサイト更新通知するためだけの Twitter のアカウントを作り、最新記事をポストさせます。

twitterの効果は絶大です。現在、このサイト40%前後はtwitterから読者が流れてきます。ただし、twitterユーザは直帰率が検索から来た人に比べて10%程度高いので地道にリピータを増やすのが肝心です。

記事から記事へ内部リンクを貼る

これは二つの方法でアクセスを増加させる戦略です。
一つ目は、訪問者は簡単に次の記事へたどり着けるようになります。
二つ目は、リンクジュースがブログ内で分配されるので、結果的に検索順位の上昇が見込めます。
SEOにおける基本的な5つの戦略

導入前と後で確実にユーザの滞在時間が1.5倍に伸びました。これもWordPressにプラグインがあるので是非導入してください。

キーワード調査する

検索されやすいキーワード理解することが重要です。
例えば、”funny pictures” は “funny images” よりも15倍以上多く検索されています。
その点だけを考慮すると、ブログタイトルに使うなら “funny pictures” の方が適してます
Google AdWords Keyword Tool で検索数を調査できます。

これはサイトのタイトルを考える時だけでなく、記事を一つ書く時にも調査する必要があります。サイトの入り口はTopページと思いがちですが、記事毎に入口は開かれているという意識が大切です。キーワード調査によって検索からの読者が増えます。

タイトルタグを最適化する

HTMLコードのヘッダー内に<title></title>タグの中にある文字がタイトルタグです。
タイトルタグはSEOにとって重要で、それぞれの記事に関連するキーワードを入れます。
WordPress ユーザは、All in One SEO というプラグインを使うと簡単にできます。

この際に気をつけることは記事タイトルを先に書くということです。

良い例:「記事タイトル|サイトタイトル」

悪い例:「サイトタイトル|記事タイトル」

WordPressで困った時に役立つコードまとめ

つまづいた時まず始めに

動かなくなった時は以下を確認してみてください。ほとんどの事例はプラグインが原因だったりします。

有効化しているプラグインをすべて無効化して試す
PHPコード(特にif構文)に間違いはないか
jQueryが止まった

WordPressはJavascriptライブラリがデフォルトでインストールされています。例:jQuery、Prototype

$("p.neat").addClass("ohmy").show("slow");
jQuery("p.neat").addClass("ohmy").show("slow");

// ↑これを部分を jQueryに入れてください。

jQuery.noConflict();  //これを入れるのでも大丈夫。
$j=jQuery.noConflict();
$("p.neat").addClass("ohmy").show("slow");
$j("p.neat").addClass("ohmy").show("slow");

これを$jに入れてください。

日付を英語表記にする

WordPress日本語版だと日付の月の表示が日本語になります。曜日も漢字です。
英語表記にするにはwp-content/languagesの中のja.po、ja.moというファイルが選んでください。

ここでバックアップをすることをお勧めします。

ja.poファイルをテキストエディタで開きます。

msgid "Sunday"
msgstr "日曜日"

という部分を

msgid "Sunday"
msgstr "Sun"

に変更します。

ローカルに複数のWordPressを入れる

wp-configファイルの「データベースの接頭語」を一意なものに変更するだけです。

/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = 'wp2_';
/* ↑ wp3_,wp_4など */
Pタグを消す

WordPressは自動的でPタグにくくられます。

Pタグを消すにはwp-includes/default-filters.phpadd_filter(‘the_content’, ‘wpautop’);add_filter(‘the_excerpt’, ‘wpautop’); をコメントアウトすればOK。

↓こんな感じ

// add_filter('the_content', 'wpautop');
// add_filter('the_excerpt', 'wpautop');
次のページに進まない

○次のページリンクをクリックしても反応しない時

○WP-PageNaviプラグインを有効化してもうまくページ送りできない

○直接リンクを貼っても進まない

上記で困った時は if(have_posts()): の以下に↓これを追加してください。

<code>&lt;?php </code><code>if</code> <code>(have_posts()) : </code><code>$paged</code> <code>= (get_query_var(</code><code>'paged'</code><code>)) ? get_query_var(</code><code>'paged'</code><code>) : 1;</code>


あなたがECサイトのデザインを考える時に参考になるサイト10選

ECサイトデザインの参考になるサイト

今回はECサイトのデザインを考える時に参考になりそうな実例を10個程紹介します。

帝国ホテルオンラインショップ

HALC SPORTS Menbers

遠鉄ストア

セディナモール

Right-on ONLINE SHOP

In Design

DaikoSHOP

ミスパリオンラインショップ

洋服の青山

GoodBeer

Older posts Newer posts

© 2018 asklife

Theme by Anders NorenUp ↑