Yosemite OS – Eclipse for PHP

Macを新調したのでPHPの環境構築です。
Yosemiteだとちょっと違いますね。

MAMPをダウンロード

いつもの通り、Apache-MySQL構成にします。
最新のMAMPはNginxも入ってるんですね。今度試してみよう。
MAMPはこちらからダウンロードしてください。

MAMPを入れたらファイアウォール設定しておきましょう。
/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf

<Directory "/Applications/MAMP/htdocs">
中略
#
# Controls who can get stuff from this server.
#
#Order allow,deny ←★ここをコメントアウト
#Allow from all ←★ここをコメントアウト
</Directory>

Eclipseをダウンロード

いつもの通り、Eclipse for PHP Developersを使おうと思いましたが、
YosemiteだとJavaバージョン違うぞと言われ、面倒なことに。

Version 1.6.0_65 of the JVM is not suitable for this product.
Version: 1.7 or greater is required.

なんで、Eclipse IDE for Java Developersを使うことにしました。

Eclipse本体はこちらからダウンロードしてください。

PleiadesのdropinsでEclipseを日本語化

いつもの通り、Pleiadesをダウンロードして使います。

まずは日本語化します。本体は前述のEclipseを使って、Pleiadesはプラグインの部品を使うだけです。

日本語化部品をEclipseに入れる。

Pleiadesのpleiades/eclipse/dropins/MergeDocディレクトリを
Eclipse本体のeclipse/dropinsにコピー

eclipse.iniの設定
Macの場合
eclipse本体のEclipse.app→メニュー→パッケージの内容を表示
/Contents/MacOS/eclipse.iniに下記を追加

-Dfile.encoding=UTF-8
-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

eclipse.appを起動し、日本語化されていたらOK!

Pleiadesはこちらからダウンロードしてください。

PHPプラグインを入れる

Help -> Install New Software… を選択
Work with: で Luna を選択
phpで検索 ->「PHP Development Tools」を選択
Next > あとはウィザードの通りに進みます。

参考
http://qiita.com/alegriaghost/……7e0342362b
http://slumbers99.blogspot.jp/……lipse.html
http://sole-color-blog.com/php/php/124/