中長期的に、どのような人物になりたいのか。

「提案の出来るエンジニア」を具体化すると何者になるのか。

提案営業か、システムコンサルか、プロジェクトマネージャか、システムアーキテクトか、インフラエンジニアか。

高度人材を目指すにあたり、しっかりと考えていかなければならない。

そもそも、ITなのか。サラリーマンなのか。そういったことまで含めて考えて初めて意味がある。

プロジェクトマネージャは、わかりやすく利益を生み出す存在。ビジネスとシステムとチームを推進する存在。

提案営業やシステムコンサルはシステムを武器にビジネスに寄った提案をする存在。

システムアーキテクトは、システム全体の整合性を保つ。

インフラエンジニアは、ど真ん中で技術者。

確かに、プログラミングは楽しい。しかし、それだけでは武器として足りない。

現時点では、提案営業・システムコンサルが望む姿で、今歩んでいる道はプロジェクトマネージャなのだろう。

土台としての技術力。そろそろ、踏み台にしていくべき時が来ているのかもしれない。

そんなことを感じている。