間違えた問題を解き直すことの意味とは

間違えた原因を見つけ、正しい解法を理解することだ。

量が質に転嫁するためには、

間違えた問題の数を増やし、

間違えた原因を突き止めることで、

改善され質が向上していく。

このような経緯を辿り品質が向上することは明らかだ。

次に、品質の評価と評価方法と期限を決める必要かある。

試験という例で考えると

評価方法は模擬試験

品質の評価は合格点に対しての達成度。更にいうならば、想定外の問題が出たとしても合格する確率を考える必要がある。

期限は、達成度を時期で測るかを考える必要がある。

要するに、自分自身に対してマネージメントをすればいいのだ。

自己管理。

資格試験は自己管理力を問われる。