新しい環境で成果を出すには

古参の人と同じフィールドで戦っても勝ち目はない。

なぜなら、彼らには培ってきた経験があるから。

それは無視できるものではない。

「いずれ、身に付く」

これは危険な考え方だろう。

いずれっていつだ?

常に、「今」成果を出す手段を考えなくては

環境は言い訳にならない。

環境は自分が創り、変えるものだ。

自分のフィールドで戦おう。

間違ってもいい。

全力の失敗には意味がある。