目の前の課題解決策をより抽象的に標準化して初めて学んだといえると思います。

コーディングをしていると日々、目の前に課題が出てきます。そしてそれを試行錯誤して解決します。

その時に、その解決策をいかに抽象化するか、いかに標準化するか。

そうして初めて「学んだ」と言えると思います。

技術書を片手にコーディングするも良し、識者に指導してもらうも良し。

学ぶ姿勢で取り組もう。人生は短い。