リモートホストにSSHの公開鍵を送る方法

SSHでの鍵の作成
公開キーを作成にはssh-keygenコマンドを使用
暗号化方式はRSAとDSA

暗号化方式の公開キーを作成オプション

$ ssh-keygen -t rsa1 -C “SSH1 RSA key”
$ ssh-keygen -t rsa -C “SSH2 RSA key”
$ ssh-keygen -t dsa -C “SSH2 DSA key”

RSA推奨

$ ssh-keygen -t rsa -C “SSH2 RSA key”
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/user/.ssh/id_rsa):
Created directory ‘/home/user/.ssh’.
Enter passphrase (empty for no passphrase):*********
Enter same passphrase again:*********
Your identification has been saved in /home/user/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/user/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
95:4e:6a:c8:87:8f:b8:67:7b:d8:19:ca:d2:57:a0:c0 SSH2 RSA key

コマンド実行後
.sshディレクトリにid_rsa(秘密鍵)とid_rsa.pub(公開鍵)が作成される

公開鍵をリモートホストに送ります。

公開鍵ファイルid_rsa.pubを、接続したいリモートホストに持って行く。

scpが安全です。

$ cd ~/.ssh
$ scp -2 id_rsa.pub USER@HOST:~/

リモートに接続して
id_rsa.pubを.ssh/authorized_keysに追加。

$ ssh REMOTE_HOST
$ cat id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys

コマンド実行後
.sshディレクトリにid_rsa(秘密鍵)とid_rsa.pub(公開鍵)が作成されます.

接続確認
設定が終わったらログアウトし、再度sshでログイン。

今度はpassphraseを聞いてきます。
ssh-keygenで入力したパスフレーズを入力してログイン

$ ssh REMOTE_HOST
Enter passphrase for key ‘/home/HOGEHOGE/.ssh/id_rsa’:**********

参考記事
http://caspar.hazymoon.jp/unix/ssh.html